1. HOME
  2. 化粧品
  3. 花王、化粧品ブランド「SENSAI」の旗艦店を中国「天猫Tmall」にオープン

花王、化粧品ブランド「SENSAI」の旗艦店を中国「天猫Tmall」にオープン

 花王㈱(東京都中央区、長谷部佳宏社長)はこのほど、カネボウ化粧品のスーパープレステージブランド「SENSAI(センサイ)」の旗艦店を、中国「天猫Tmall」にオープンした。「天猫(Tmall)」は、アリババグループが運営する中国最大のB2Cオンラインショッピングモール。

 「SENSAIは」、中国において2019年9月に、アリババグループの越境ECサイト「天猫国際(Tmall Global)」で販売を開始。21年4月には、海南島の免税店に出店した。越境、免税の各市場においてC2C施策を強化するなど、ブランド、商品の認知拡大を進めている。

 同社は今後、中国国内のEC市場への参入により、EC主導によるDX事業モデルでのブランド育成を加速する。旗艦店の運営をはじめ、SNS上でのコミュニティやショップ運営、会員制度(ポイントプログラム)による顧客管理なども活用することで、欧州で長年支持されてきた日本のブランドとして、その美意識や美学に共感してもらえるロイヤル顧客の醸成を行う。

 また、旗艦店オープンに合わせ、10月9日まで上海市内の「上海上生新所 蔦屋書店」に「体験ルーム」を開設している。「SENSAI」のブランド思想や、商品特長への理解促進を図る。今後も、随時ポップアップ施策を実施し、リアルな接点においてもブランドとファンの絆を深め、世界観を五感で感じてもらう体験の場を提供していく。

 同社では、「成長著しい中国のプレステージ化粧品市場に向けては、国内EC、免税、インバウンドと、あらゆる方向からのアプローチを徹底強化する。22年には、国内への実店舗出店も計画している」としている。

TOPに戻る