1. HOME
  2. 通販
  3. 中国「eコマース」の普及率健康関連製品はは漸増傾向に

中国「eコマース」の普及率
健康関連製品はは漸増傾向に

 

 中国の小売市場では、eコマースの普及率がゆっくり増加している。

 カテゴリ別に見ると、家電、エレクトロニクス、衣料などのeコマースの普及率が30%を超えた。
 美容・食品などの販売規模が伸びている分野では、新しいブランドや新製品の上市が加速している。今後、業界の競争はより激しくなると予測される。
 特に「ダブル11」が開催される毎年11月は決定的な時期。小売企業の年間業績では、ダブル11のショッピングプロモーションによる売上の割合がますます重要になってくる。

 アリババプラットフォームでは、2020年の売上は最高に近い値。その年、TmallとTaobaoは、11日間の「Double11」ショッピングフェスティバルで、4,982億元という売上高(GMV)の新記録を達成した。

 国連貿易開発会議の統計によると、2020年のアリババのGMV総額は1億1,450億米ドル(約7,465億元)で、世界最大であり、アマゾンの約2倍だった。

※㈱スペース「中国保健食品・機能性原料情報サービス」より。同サービスは、中国保健協会市場工作委員会事務局を務めるシンクタンク(庶正康讯)の公衆号を出典とする。

TOPに戻る

INFORMATION

お知らせ

LINK

掲載企業