1. HOME
  2. 健康食品
  3. ミナト製薬、4月に債権者集会

ミナト製薬、4月に債権者集会

 東京地裁から5日に破産手続開始決定を受けたミナト製薬㈱(東京都中央区)の債権者集会が4月18日午後1時半、東京地裁で開かれることが分かった。
 破産管財人を務めるみなと協和法律事務所の代理人・懸弁護士が明らかにした。

 同社は1月4日、東京地方裁判所に自己破産を申請。5日に地裁より破産手続き開始決定を受けた。債権者は208人、債権額は約15億円とされている。代理人によれば、破産申し立て通知書は6日に債権者に発送したという。 

 同社は創業1888年(明治21年)の老舗。1971年(昭和46年)に健康食品業界に参入。製薬技術を生かした栄養食品『ローヤルゼリーミナト』を上市。1977年に本社を東京に移転してから明日葉やおお麦若葉、桑葉青汁を続々上市し、青汁市場を牽引してきた。

 

【田代 宏】

関連記事:ミナト製薬、破産と報道

関連記事:ミナト製薬本社、玄関に松飾り

関連記事:ミナト製薬はどうなるのか?

TOPに戻る