1. HOME
  2. その他
  3. 日清、「完全栄養食」を未病対策に フィンランド発のヘルステック企業と有効性検証を開始

日清、「完全栄養食」を未病対策に 
フィンランド発のヘルステック企業と有効性検証を開始

 日清食品㈱ (東京都新宿区、安藤徳隆社長)はこのほど、「完全栄養食」のさらなる進化に向けて、フィンランド発のヘルステック企業であるナイチンゲールヘルス1 (Nightingale Health) が提供する「My Nightingale」を活用した、有効性検証を開始することで合意したと発表した。

 同社は、「見た目やおいしさはそのままに、カロリーや塩分、糖質、脂質などがコントロールされ、必要な栄養素を全て満たす食」をコンセプトとして、さまざまな栄養学的見地を参考に、インスタントラーメンなどで培った技術を応用し、独自かつ最先端の食品加工技術を駆使した未来の「完全栄養食」の研究を進めている。「完全栄養食」を普及させることで、”好きなものを、好きなときに、好きなだけ楽しめる世界” の実現を目指している。

 ナイチンゲールヘルス社が提供する「My Nightingale」は、NMR (核磁気共鳴) 装置による血中成分250項目の独自分析結果から、総合評価を算出する血液検査サービス。フィンランドと日本のバイオバンク(血液や生体組織などの検体と、それに付随する医療情報を合わせて保管する仕組み)との共同研究によって開発、検証された独自アルゴリズムで解析し、将来の疾病リスクと相関のある「ヘルススコア」として可視化することで、「健康状態の見える化・スコアリング」を実現している。

 今後、同社が実施する「完全栄養食」のヒト試験に「My Nightingale」を組み込むことで、疾病リスクと連動した「ヘルススコア」の変化が可視化され、「完全栄養食」が健康状態に与える影響を喫食者自身でも具体的に把握することが可能になるという。

 同社は、「食事によって健康を増進し、健康寿命を延伸する」という挑戦に取り組み、世界共通の社会課題である「未病対策」に「食」の分野から1つの解決策を提案していくとしている。

TOPに戻る

INFORMATION

お知らせ

LINK

掲載企業