1. HOME
  2. 通販
  3. 「JAPAN EC 大賞 2021」 の受賞企業を発表EC通販事業担当者1,000人が投票

「JAPAN EC 大賞 2021」 の受賞企業を発表
EC通販事業担当者1,000人が投票

 (一社)日本通販CRM協会(東京都品川区、向徹代表理事、㈱E-Grant内)は17日、EC通販事業担当者1,000人がリスペクトするEC通販企業を選ぶ「JAPAN EC 大賞 2021」の受賞企業を発表した。全国のEC通販事業担当者と、EC通販業界を代表するインダストリーリーダー15人の投票をもとに選出された。

 「JAPAN EC大賞」は、この業界に所属するプロの視点を持ったEC通販事業担当者1,000人(モールへの投票などの無効票を除く)がリスペクトするEC通販企業に投票する大賞。EC通販事業担当者が素晴らしいとリスペクトするEC通販企業に投票し、「自社には投票しない公正な表彰文化」を実現することで、消費者にもEC通販をより深く理解してEC通販企業を選ぶ好循環を作ることを目的としている。

 今回、CRMにおいて重要な要素だと定義する「顧客対応」、「商品・サービス」、「PR」、「ブランド」、「人材活躍」という「5つの部門の1位」と、「総合大賞」が決定した。

・総合大賞・・・㈱生活総合サービス(ていねい通販)
・本当にお客様対応が良い企業・・・㈱生活総合サービス(ていねい通販)
・本当に商品・サービスが良い企業・・・木村石鹸工業㈱
・本当にPRが印象に残った企業・・・㈱バルクオム
・本当に企業の想いを感じる企業・・・㈱生活総合サービス(ていねい通販)
・本当に働く人がイキイキしている企業・・・㈱はぐくみプラス

※インダストリーリーダー
・EC通販業界の発展に貢献している人
・CRM協会が目指すCRM(JCRM)の理念や活動に賛同する人
・自薦、他薦の応募を協議しJAPAN EC大賞運営事務局で選出した人

※日本通販CRM協会
「JCRMを通じて日本のEC・通販業界を世界に誇れる代表的な産業にする。」という理念のもと、2015年に立ち上げたEC・通販に特化したCRM専門の協会。130を超えるEC通販事業者が事例を持ち寄り、「リアルなCRM」を学ぶ場として年間80を超える学ぶ・知る・仲間とつながるコンテンツを開催している。

TOPに戻る

INFORMATION

お知らせ

LINK

掲載企業