1. HOME
  2. 通販
  3. ツインガーデン社、広告表示の一部改善へ

ツインガーデン社、広告表示の一部改善へ

特定適格消費者団体の(特非)埼玉消費者被害をなくす会(さいたま市浦和区、池本誠司理事長)は19日、ツインガーデン㈱(東京都渋谷区、中村光海代表)が販売するサプリメント『B.B.B(トリプルビー)』のウェブ広告の表示について、9月8日付で行っていた「申し入れ」に対して同社から回答が届いたと発表した。

団体からの3点の申し入れに対して同社は、2点について改善すると回答した。具体的な内容は、お試し購入における誤認を招く表示の改善。さらに、文字・色文字・強調文字のサイズ」について視認性を高めるとした。

返金に関する表示についてはこちらも視認性を高めると共に、
「※未開封での返金保証はご利用できません。
(※1返品時の送料はお客様負担となります。返金時の振込手数料は弊社負担とさせて頂きます。)」を以下のように改めるとした。

 「※毎月自動お届けコース(トクトクコース・1袋ライトコース・2袋集中コース)に初めてお申込みいただいた方が対象です。
※初回(定期1回目)に限り10日以上ご使用のうえ商品到着日から20日以内に申請くださいませ。
※返品時の送料はお客様負担となります。返金時の振込手数料は弊社負担とさせていただきます」

以上

回答書は10月1日付で送付されたもの。

 改めて『B.B.B(トリプルビー)』のホームページを確認すると、ホームページの下の方に同品の製造工場に言及したページがある。そこには「B.B.B(トリプルビー)は、薬事法に基づいて厚生労働大臣が定めた品質管理基準「GMP」に認定された工場で、医薬品レベルの品質管理の元、製造しています」との記載があり、「第三者機関認証」、「医薬品レベルの品質管理」との表示がある。おまけに国内の健康食品GMP認定機関のマークが表示されている。
ここでは2つの誤りが指摘できる。その1つ、薬事法は現在、薬機法と改称されている点。もう1つの大きな誤りは、健康食品GMPは薬事法に基づいて定められたのではなく、食品衛生法に基づく「適正製造規範(GMP)ガイドライン」によって規定された「錠剤・カプセル等の製造」にかかわる衛生管理手続きである点。消費者に誤認を与えないために、すみやかに同表示も改める必要がありそうだ。

【田代 宏】

TOPに戻る

INFORMATION

お知らせ

LINK

掲載企業