1. HOME
  2. 健康食品
  3. 「ケルセチン」の安全性情報国立栄研がHFNetに追加

「ケルセチン」の安全性情報
国立栄研がHFNetに追加

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所(東京都新宿区)は11日、素材情報データベース(HFNet)に「ケルセチン」の安全性情報を追加したと発表した。

 動物試験(ラット)において、ケルセチン7日間の事前摂取は、ロサルタン(アンジオテンシンII受容体拮抗薬:CYP2C9、P糖タンパク質基質)の血中濃度(Cmax、AUC)と半減期を増加させ、Tmaxを低下させた。

 また、in vitro試験(Caco-2細胞)において、ケルセチンはロサルタン(アンジオテンシンII受容体拮抗薬:CYP2C9、P糖タンパク質基質)の経上皮輸送を阻害したという。

TOPに戻る

INFORMATION

お知らせ

LINK

掲載企業