1. HOME
  2. 健康食品
  3. 「茶」の安全性情報国立栄研がHFNetに追加

「茶」の安全性情報
国立栄研がHFNetに追加

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所(東京都新宿区)は18日、素材情報データベース(HFNet)に「茶(チャ)」の安全性情報を追加したと発表した。

 統合失調症のためジプラシドン(抗精神病薬)80 mgを1日2回、数カ月間服用してコントロール良好だった23歳の米国人男性が、減量のため1日摂取目安量4錠の緑茶抽出物を毎日6錠(EGCG 600 mg、カフェイン240 mg含有)、10日間摂取したところ、被害妄想、幻聴が悪化し、ジプラシドン80 mg×20錠を過剰摂取して入院した。緑茶抽出物の摂取中止と加療により改善したという。

TOPに戻る

INFORMATION

お知らせ

LINK

掲載企業