中小企業庁、オクラの健康食品原料開発など支援筧

 中小企業庁は9日、中小企業地域資源活用促進法に基づく地域産業資源活用事業計画3件と、農商工等連携促進法に基づく農商工等連携事業計画3件を認定したと発表した。認定事業については、専門家によるハンズオン支援や低利融資などの支援を受けることができる。

 地域産業資源活用事業計画として認定された「指宿産オクラを活用したパウダー商品の開発・販路開拓」((有)エール)では、オクラのネバネバ成分を活用し、加工食品や健康食品の原料を開発する。パウダー化と機能性の評価によって、オクラの付加価値を創出する。

 また、農商工等連携事業計画として、「野菜などの色落ちの低減を実現する乾燥機械の製造・販売」((株)サンアグリフーズ、(株)大栄製作所、(株)サンリーフ)、「ユーカリ噴霧液・噴霧器の開発、販路開拓」((株)グリーンエルム、いいもの開発販売(株))などが認定された。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る