家計調査、消費税率引上前の9月 「サプリメント」が前年比16.7%増に

 総務省が8日発表した家計調査結果(速報)によると、消費税率引き上げ直前の9月に、全国の1世帯当たりが「健康保持用摂取品」(サプリメント形状の健康食品)へ支出した平均金額は、前年比16.7%増の1,341円となった。

 調査対象の健康保持用摂取品とは、栄養成分の補給など健康を維持・増進させるために用いる食品で、錠剤・カプセル・顆粒状・粉末状・粒状・液状といった形態のもの。

関連記事

-  会員サービス -

・ 現在の会員 ・

WNG会員企業一覧

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る