農水省、有機JASの要件にゲノム編集食品の不使用

 農林水産省は8日、日本農林規格(有機JAS)について、ゲノム編集食品を原材料に使用できないことを明確化する改正案を公表し、パブリックコメントの募集を開始した。

 有機農産物・有機加工食品・有機畜産物などの有機JASについて、遺伝子組み換え食品と同様に、ゲノム編集食品も使用できないことを定める。

関連記事

-  会員サービス -

・ 現在の会員 ・

WNG会員企業一覧

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る