フィーカリ菌に腸炎発症抑制作用の可能性

 ニチニチ製薬(株)(三重県伊賀市、森下政彦代表)はこのほど、マウスを用いた試験により、腸内細菌の1種であるフィーカリ菌に腸炎発症抑制作用があることを確認したと発表した。

 試験では、デキストラン硫酸ナトリウムを投与して大腸炎を発症させたマウスを用いて、フィーカリ菌の生菌と死菌をデキストラン硫酸ナトリウムの投与前後に摂取させた。その結果、フィーカリ菌(生菌)を予防的に摂取させたマウスでは、便性状や血便性状のスコアが有意に低い数値を示し、体重の減少も抑制された。

 一方、死菌については予防・治療のどちらも、大腸炎の抑制作用は見られなかったと報告している。

関連記事

-  会員サービス -

・ 現在の会員 ・

WNG会員企業一覧

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る