e.Cycleのサプリメント『ケトジェンヌ』で健康被害が急増

 (株)e.Cycle(東京都渋谷区)が販売するサプリメント『ケトジェンヌ』の摂取による健康被害が拡大していることから、消費者庁は6日、使用後に体調不良が生じた場合、すぐに使用を中止し、医療機関の受診を勧めるなどの注意喚起を行った。

 消費者庁によると、同商品は今年3月から主にインターネット上で販売されている。「MCTオイルやスーパーフードによりケトジェニックダイエットをサポートしてくれるサプリメント」、「ケトジェニックダイエットとは脂肪をエネル ギーに変えて痩せる」などとうたっている。

 消費者庁の事故情報データバンクには、同商品による事故情報が今年4月以降に89件が登録済み。そのうち62件が女性で、40代以上が多い。健康被害の症状については「下痢になった」、「お腹の調子が悪くなった」といった消化器障害が多数を占めるほか、皮膚障害も報告されている。

 消費者庁が健康被害を生じた消費者にヒアリングした結果、1日摂取目安量(2~4粒)の4粒を摂取したところ、水のような便が出る下痢が生じ、使用中止によって下痢が治まったという。また、医師から同商品が原因ではないかと診断された消費者もいた。

 消費者庁では、同商品の使用によって健康被害が生じることがあるため、注意を呼びかけた。契約上の相談がある場合には、「消費者ホットライン188」へ相談するようにアドバイスしている。

(写真:消費者庁の発表資料より)

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ライター募集中

ライター募集
ページ上部へ戻る