通販化粧品企業の6割が売上増に~TPCマーケティングリサーチ

 主要通販化粧品企業50社の約6割で2018年度の売上が前年度を上回ったことが、TPCマーケティングリサーチ(株)の調査でわかった。調査結果の詳細は、同社がこのほど発刊した『2019年 通販化粧品の市場分析調査―第2次リブランディング期の到来、さらなる成長へ向けた主要各社の戦略とは?』に掲載されている。

 調査は今年5~8月に実施。18年度のシェア1位は(株)ディーエイチシー(308億円)、2位がオルビス(株)(264億円)、3位が(株)再春館製薬所(249億円)。上位10社の合計シェアは46.2%を占めた。また、50社のうち34社(約6割)で前年度実績を上回った。

 伸長率で見ると、新日本製薬(株)、(株)オージオ、(株)北の達人コーポレーションなどが大きく伸びた。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る