ASCON科学者委員会、機能性表示食品の評価判定基準を変更

 (一社)消費者市民社会をつくる会(ASCON)のASCON科学者委員会は22日、機能性表示食品の届出の評価判定基準を変更したと発表した。

 ASCON科学者委員会の依頼に対し、届出者から返信がない場合、これまで「評価保留」としてきたが、「回答なし」に変更した。「回答なし」に該当した場合には、「消費者に対する説明責任の不履行」と判断される。

 疑義・指摘に対し、十分に説明できない事業者などで「回答なし」となる傾向があることから、新たな基準は消費者が製品の信ぴょう性を選別するための指標の1つとなりそうだ。

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ライター募集中

ライター募集
ページ上部へ戻る