機能性表示食品の届出撤回8件を公表

 消費者庁は15日までに、機能性表示食品の届出撤回8件を公表した。

 江崎グリコ(株)は終売を理由に、難消化性デキストリンを含む果実混合飲料『VegeResetアップル&キャロット』と『――オレンジ&トマト』の2件を撤回。(株)ナチュラルガーデンはヒアルロン酸Naを配合した『白酵ヒアプラ』、難消化性デキストリンを配合した『ファスティー サポートプラス』のサプリメント2件を撤回。販売終了のためとしている。

 (株)ECスタジオも販売終了のため、パイナップル由来グルコシルセラミドを配合した『リピアミューズ モイストタブレット』と、L-テアニンを配合した『GOOD Night 27000』のサプリメント2件を撤回。銀剤ステファニー化粧品(株)も同様の理由により、米由来グルコシルセラミド配合のサプリメント『プラセンタ100セラミド』を撤回した。

 また、丸大食品(株)は「製造・販売を行っておらず、今後行わないため」、γ-アミノ酪酸を含む『うす塩フィッシュソーセージ』を撤回した。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る