厚労省、イタリア産ピスタチオナッツ加工品からカビ毒

 厚生労働省は8日、輸入されたイタリア産ピスタチオナッツ加工品から発がん性のあるカビ毒が検出されたため、輸入業者に対して検査命令を出したと発表した。

 輸入時のモニタリング検査の結果、レッドホースエデュテインメント(株)が輸入した「ピスタチオナッツペースト」から、カビ毒の1種であるアフラトキシンが検出された。同社に対し、輸入届出ごとに全ロットの検査を義務づけた。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る