キユーピー、発がんリスクを説明できるAIを研究

 キユーピー(株)(東京都渋谷区、長南収社長)は7日、(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する「次世代人工知能・ロボット中核技術技術開発」プロジェクトのAIの信頼性に関する技術開発事業に採択されたと発表した。

 採択された研究テーマは、「生体データを用いて発がんリスクを説明できる高信頼性進化的機械学習の研究開発」。現行の機械学習の精度や説明性を高めた新規のAIを開発し、発がんリスクの判定に活用することを目指す。

関連記事

-  会員サービス -

・ 現在の会員 ・

WNG会員企業一覧

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る