サントリービール、「オールフリー」初の機能性表示食品が好調な滑り出し

 サントリービール(株)(東京都港区、山田賢治社長)は6日、機能性表示食品『からだを想うオールフリー』の発売初月(7月)の販売数量が22万ケース(1ケース=633ml×20本の換算)に達したと発表した。

 7月16日に機能性表示食品として発売。22万ケースは2019年販売計画の3割以上を占め、好調な滑り出しとなった。

 ローズヒップ由来ティリロサイドを機能性関与成分とし、内臓脂肪を減らす機能が報告されていると表示している。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る