公取、コンビに排除措置命令

 自社で定めた価格で小売業者にベビー用品を販売させたとして、公正取引委員会は24日、コンビ(株)(東京都台東区)に対し、独占禁止法に基づく排除措置命令を出したと発表した。

 同社は、ベビーカーやチャイルドシートなどの「ホワイトレーベル商品」について、2015年1月頃以降、自社で定める「提案売価」で小売業者に販売させていた。公取は同社に対し、今後同様の行為を行わないように命じた。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る