消費者ネットおかやま、アサヒカルピスウェルネスの利用規約 申し入れ活動終了

<消費者契約法違反の疑いを指摘>

 アサヒカルピスウェルネス(株)のオンラインショップの利用規約が消費者契約法に違反する疑いがあるとして、修正を申し入れていた適格消費者団体の消費者ネットおかやまは7日、利用規約の修正が確認できたことから、申し入れ活動を終了したと発表した。

 問題を指摘されたのは、同社が運営する「アサヒの健康通販」のショッピング利用規約に記載されていた次の2点。

 ・第5条「登録の取消」の第2項:「アサヒカルピスウェルネス社が前項の措置をとったことで、サービスを利用できなくなり、これにより当人または第三者に損害が発生したとしても、アサヒカルピスウェルネス社は一切の責任を負いません」。

 ・第9条「免責事項」:「サービスを利用するにあたって、お客様は、サービスを利用したことまたは利用できなかったこと、…(略)…その他サービスに関連する事項に起因または関連して生じた一切の損害について、アサヒカルピスウェルネス社が賠償責任を負わないことに同意するものとします」。

 消費者ネットおかやまは、これらの記載が消費者契約法に違反すると指摘。利用規約の修正を申し入れていた。

 申し入れに対し、同社は申し入れの趣旨に沿って、利用規約を修正したと回答。今月6日に送付された変更後の利用規約の写しでは、「…(略)…アサヒカルピスウェルネス社の故意または重過失による場合を除き、アサヒカルピスウェルネス社は一切の責任を負いません」、「…(略)…アサヒカルピスウェルネス社の故意または重過失による場合を除き、アサヒカルピスウェルネス社が賠償責任を負わないことに同意するものとします」に修正されていた。

 これを受けて消費者ネットおかやまでは、申し入れ活動を終了したとしている。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表
ページ上部へ戻る