愛しとーと・中村浩之社長に聞く、「国のルールに則って競争」

 (株)愛しとーと(福岡県那珂川市、岩本初恵CEO)は、化粧品・健康食品の通信販売会社として1998年に設立。主力商品『コラーゲンゼリー』のヒットで売上を伸ばした。ここ数年の売上は80億円で推移している。エビデンスを重視し、通販会社としては珍しく佐賀県唐津市に自社工場を開設。機能性表示食品の開発にも力を入れており、現在、5品目が消費者庁のホームページで公開されている。東アジアに同社が100%出資する現地法人を開設するなど、海外展開にも精力的。中村浩之社長に話を聞いた。

 ――海外進出はいつ頃から?

 中村 8年前で、今では当社が100%出資している現地法人をカンボジア・マレーシア・ベトナム・シンガポール・韓国に展開しており、タイと中国には年内にも設立を予定している。また、台湾には支店も置いている。

 ――海外事業を展開したきっかけは?

 中村 日本で最も売れている美容食として、海外でニーズが高まったことがある。

 ――売上高は?

 中村 今期から海外決算が出るが、恐らく数年で国内の売上を超えるだろう。

 ――唐津の製造工場はフル稼働のようだが。

 中村 昨年、ゼリーのラインを倍増し、24時間3交代制で回している。岩本(代表取締兼CEO)が忙しくなったため、4年8カ月続いた唐津のバイキングレストランを3月に閉鎖し、さらに工場を拡張する予定だ。

 ――岩本CEOは、可能な限り来店するお客さんのサービスのために顔を出していたと聞いている。

 中村 昨年からTVコマーシャルやラジオのパーソナリティーの仕事で忙しく、レストランにもなかなか顔を出せなくなった。お客様に悪いというので閉鎖を決断した。これまで延べ45万人のお客様に訪れていただいた。

 ――岩本CEOの露出が増えたことでCMは過去最高のレスポンスを記録したとか。

 中村 テレビのコメンテーターでも4本のレギュラー番組を抱えているが、岩本が出演したら番組の視聴率が上がると喜ばれている(笑)。ほかにも講演活動、唐津市や那珂川市、佐賀県みやき町の親善大使も務め、飲酒運転撲滅などの社会貢献事業で飛び回っている。

 ――機能性表示食品は5品目が公開されている。

 中村 コラーゲン商品を機能性表示食品として届け出ようと、九州大学や近畿大学と共同開発を行い、2016年に公開された。

 ――『うるおい宣言セラミドプラス』と『おなか快調宣言』、『記憶力宣言』だった。

 中村 コラーゲンゼリー商品はそれまでも4億本を突破するほどのヒット商品だったが、機能性表示食品が消費者庁で公開されるまで、コラーゲン商品のコマーシャルはストップした。

 ――それはなぜか。

 中村 国が科学的根拠に基づいた消費者メリットのある新たな制度を立ち上げたわけだから、そこに乗っかるのが我々の立場である。

 ――機能性表示食品は必ずしも売れないという話があるが。

 中村 これは、売れる売れないの議論では片付かない問題。訴求の幅が狭まることはあるかもしれないが、それだと国の方針は何なのだということになる。我々は、世の中に対して本当の意味で健康な社会を作っていくことに貢献すべきだと思う。医療費を削減するために、健康食品はこうあるべきといった国のルールが決まったわけだから、そのルールに則って競争すべきだと思っている。

 ――ありがとうございました。

(写真:中村浩之社長)

【聞き手・文:田代 宏】

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表
ページ上部へ戻る