国産原料の活用状況を調査~食品産業センター

 (一財)食品産業センターが8日公表した「6次産業化における地産地消実施状況調査」の結果から、機能性を付加した食品の製造・販売企業の9割以上で、国産原料を主原料とした製品を扱っている様子が浮かび上がった。

 調査は今年2~3月、機能性を付加した食品や介護食品の製造・販売企業などの合計714社を対象に実施。国産原料の使用状況などを聞いた。

 機能性を付加した食品の製造・販売企業の94%が、国産原料を主原料とした製品を扱っていると回答。当該製品の売上高が、機能性を付加した製品群の売上全体に占める割合は「10%超~50%以下」がもっとも多く、27%を占めた。

 国産原料のアポールポイントは、「安全・安心が確保されていること」、「健康増進の効果があること」、「国産農林水産物であること」が上位を占めた。今後の国産原料の活用について聞いたところ、「現状と同程度」の回答が63%で最も多く、「拡大する」は38%だった。

 介護食品の製造・販売企業のうち、国産原料を主原料とした製品を扱っている企業は54%だった。具体的には、「大豆」「米」の使用が多かった。今後の活用については、「現状と同程度」が60%に上った。

関連記事

-  会員サービス -

・ 現在の会員 ・

WNG会員企業一覧

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る