コーヒーポリフェノールに皮膚乾燥低減作用

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は3月1日、素材情報データベース上で、コーヒーポリフェノールに皮膚乾燥の低減作用が確認されたとする臨床試験の結果を掲載した。

 重度の皮膚乾燥と鱗屑のある成人女性31人を対象とした二重盲検ランダム化プラセボ対照試験で、クロロゲン酸を主成分とする生豆由来コーヒーポリフェノールを4週間にわたって、1日当たり297.8mgを摂取させた。その結果、顔面頬部の皮膚の乾燥度が低減されたという。

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ライター募集中

ライター募集
ページ上部へ戻る