サプリメント広告で景表法違反、はぴねすくらぶに措置命令

 特段の食事制限なしに、サプリメントを摂取するだけで容易に痩身効果が得られるかのような広告を行ったとして、消費者庁は17日、通販業者の(株)はぴねすくらぶ(福岡市中央区、木下弘嗣代表)に対し、景品表示法に基づく措置命令を出したと発表した。

 同社は自社のウェブサイトで、サプリメント『酵母と酵素deさらスルー』(93粒入りと42粒入り)を販売。93粒入りについては2013年10月1日~17年8月3日までの期間、食事の画像と共に「食べることが大好きなあなたへ!」と記載し、「酵素 酵母 乳酸菌の発酵パワーでダイエット!」などと表示していた。42粒入りについても、15年4月6日~17年8月3日までの期間、同様の広告を展開していた。

 消費者庁の求めに応じて、同社から根拠資料が提出されたが、表示を裏付けるものとは認められなかった。また、「※使用感・結果には個人差があります」といった記載についても、一般消費者が表示から受ける効果に関する認識を打ち消すものとは認められなかった。

 消費者庁は同社に対し、表示内容が景表法に違反する内容であったことを一般消費者に周知することや、再発防止策の構築などを命じた。

 取材で同社は、「管理体制が弱い面があったと反省している。真摯に対応し、二度と起きないようにしたい」(総務部)とコメントしている。

(写真:消費者庁のホームページより)

【木村 祐作】

No tags for this post.

関連記事

-  海外進出支援 -

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表
ページ上部へ戻る