島津製作所と島根大など、MCI介入プログラム開発へ

 (株)島津製作所、メディカル・ケア・サービス(株)、(株)ERISA、島根大学は3日、「軽度認知障害に(MCI)おける介入アプローチと生体マーカーに関する探索的検討」の共同研究契約を締結したと発表した。

 研究では、有料老人ホームを拠点とし、認知症予備群と呼ばれるMCIの人を対象に、認知機能の改善を目的とした介入プログラムを6カ月間、実施する。また、介入の前後で生体マーカー計測を実施し、介入効果の評価方法を開発する計画だ。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る