消費者庁、機能性表示食品の届出7件公表

 消費者庁は19日、機能性表示食品の届出7件を公表した。公表届出件数は合計1,535件となった。

 アサヒグループ食品(株)のサプリメント『シュワーベギンコ イチョウ葉エキスa』は、イチョウ葉由来フラボノイド配糖体と同テルペンラクトンを機能性関与成分とする。「健常な高齢者の加齢によって低下する脳の血流を改善し、認知機能の一部である記憶力を維持する機能があることが報告されている」と表示する。

 岩谷産業(株)の清涼飲料水(希釈用)『リ・ティーン』は酢酸を含有し、肥満気味の人、内臓脂肪が気になる人を対象としている。井藤漢方製薬(株)のサプリメント『グルコサミン1600』は、グルコサミン塩酸塩を配合。「膝関節の可動域の改善、膝関節の違和感を軽減することが報告されている」と訴求する。

 薬日本堂(株)のサプリメント『薬日本堂 イヌリン』はイヌリンを配合し、血中中性脂肪、食後の血糖値が気になる人を対象としている。(株)ファンケルのサプリメント『中性脂肪サポート』はモノグルコシルヘスペリジンを配合し、中性脂肪が高めの人に向けて提案する。

 クレス薬品(株)のサプリメント『ラクゼット』は非変性2型コラーゲンを含み、「関節の柔軟性、可動性をサポートすることが報告されている」と表示。また、名古屋製酪(株)のサプリメント『GABA』はGABAを機能性関与成分とし、血圧が高めの人や、作業によって生じる一時的な疲労感を感じる人に向けて訴求する。

関連記事

-  会員サービス -

・ 現在の会員 ・

WNG会員企業一覧

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る