消費者庁、機能性表示食品の届出6件公表

 消費者庁は17日、機能性表示食品の届出6件を公表した。公表届出件数は合計1,528件となった。

 森永製菓(株)は清涼飲料水『おいしいコラーゲンドリンク<ピーチ味>』が公表された。コラーゲンペプチドを機能性関与成分とし、肌の乾燥が気になる人、膝関節が気になる人を対象としている。安全性は喫食実績の評価で確認。機能性については、最終商品を用いた臨床試験によって評価した。

 (株)天真堂はサプリメント『Ceramide+Bifidus』と同『Ceramide+GABA』の2件が公表された。『――Bifidus』はパイナップル由来グルコシルセラミド、ビフィズス菌BB536を配合。肌の乾燥が気になる人、お腹の調子を整えたい人に向けて提案する。『――GABA』はパイナップル由来グルコシルセラミドとGABAを配合。肌の乾燥が気になる人、一時的な精神的ストレスを緩和したい人を対象としている。

 (株)聖凰のサプリメント『ルリビオ コレナイト』はL-テアニンを配合。「起床時の疲労感や眠気を軽減することが報告されている。また、一過性の作業に伴うストレスを和らげることが報告されている」旨を表示する。(株)シーナコーポレーションのサプリメント『骨の健康 大豆イソフラボンの力』は大豆イソフラボンを機能性関与成分とし、丈夫な骨を維持したい中高年女性に向けて提案する。

 また、わかもと製薬(株)のサプリメント『オプティエイドML MACULAR』はルテインを配合。「加齢により減少する網膜の黄斑色素量を維持し、コントラスト感度を改善することが報告されている」と表示する。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る