日本分子状水素医学生物学会で新知見

 (一社)日本分子状水素医学生物学会(太田成男理事長)は23日、第8回日本分子状水素医学生物学会大会をホテルベルクラシック東京(東京都豊島区)で開幕した。24日まで開催される。

 冒頭、大会長を務める東京都健康長寿医療センター研究所の大澤郁朗研究副部長が、大会内容について説明。最近の治験を中心に、18演題を2日間にわたって発表するほか、招待講演2本、特別講演1本、教育講演1本を予定している。

 初日は「高濃度水素水による抗疲労効果」、「爆風による脳損傷への適用」、「眼科分野における分子状水素の適用」などの新知見が相次いで報告された。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る