消費者スマイル基金、適格消費者団体の5団体に助成

 NPO法人消費者スマイル基金(東京都千代田区)はこのほど、第2回助成事業として、健康食品広告の差し止め請求訴訟などを行っている適格消費者団体の5団体に対し、助成すると発表した。

 5団体は消費者被害防止ネットワーク東海、京都消費者契約ネットワーク、佐賀消費者フォーラム、全国消費生活相談員協会、消費者機構日本。各団体に25万円を助成する。

 消費者被害防止ネットワーク東海は、(株)メディハーツを相手に差し止め請求訴訟を係争中。同社が販売する青汁の定期購入に関する表示を問題としている。京都消費者契約ネットワークでは(株)ラッシャーマンの定期購入に関する表示をめぐり、差し止め請求訴訟を争っている。

No tags for this post.

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ページ上部へ戻る