ケミン・ジャパン、一般食品で広がるルテイン

 ルテイン原料「FloraGLO」を供給するケミン・ジャパン(株)(本社:東京都千代田区、橋本正史代表)によると、一般加工食品でのルテインの採用が増えており、海外市場も拡大しているという。

 一般加工食品では5月、機能性表示食品として(株)ジェイフーズみやざきが届け出た『宮崎育ちのほうれんそう』が消費者庁のホームページで公開された。「サプリメントを嫌う消費者もいるなか、画期的な出来事」(同社)と評価。含有量のばらつきなどの課題もあるが、多様なバリューチェーンがあるなかで、「いろいろな形態の食品が出回った方が全体のパイは広がるだろう」とコメントしている。

 海外では、ルテイン10ミリグラム、ゼアキサンチン2ミリグラム配合のドリンクタイプが広がりを見せており、「特に台湾では2年前から大ヒットしている」という。

(※写真はマリーゴールド)

関連記事

-  会員サービス -

-  イベント情報 -

-  広告掲載申込 -

バナー広告料金表

通販なんでも相談

ライター募集中

ライター募集
ページ上部へ戻る